犬のしつけDVD

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

犬の皮膚病治療

実は犬の皮膚病には意外にも種類がたくさんあるので注意が必要です。そのため皮膚病については、犬などのペットの飼い主の方には、是非とも正しい知識を持っていただいて、皮膚病の早期発見をして早期治療をすることが大切です。そうすることで、大切な愛犬を守ってあげることができるのです。ペットが皮膚病にかかってしま...

≫続きを読む

アレルギー性皮膚炎の症状と原因

ペットの数ある皮膚病の中でも特にに多いと言われているのが「アレルギー性皮膚炎」ですが、これについて少しだけご説明しますね。飼っているペットに次に示すような症状が見られるようであれば、皮膚病だと考えられるので、いち早く動物病院へ行くことをおススメします。・犬の目や耳の周りやワキの下、さらに腹部の皮膚な...

≫続きを読む

アトピー性皮膚炎の症状と原因

犬の皮膚病の中で最も多いのがアレルギー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎はアレルギー性皮膚炎の中でも大きな割合を占める皮膚病です。つまり犬の皮膚病で最も多いのが、アトピー性皮膚炎ということになります。アトピー性皮膚炎の3つの原因は・・・遺伝性なもので、柴犬、シー・ズーなどがなりやすい犬種があります。・ア...

≫続きを読む

ノミアレルギーの原因と症状

ペットの「ノミアレルギー」はアレルギー性皮膚炎の一種です。犬が体をノミに噛まれると、ノミの唾液内のアレルギーにペットが反応して起こる皮膚病です。ノミの唾液にはたんぱく質が入っているので、このようにアレルギー反応を示すのです。アレルギー体質の犬では、ノミ1匹に噛まれただけでも症状がかなりひどくなる場合...

≫続きを読む

毛包虫症の症状と原因

犬の体にはダニの一種である「ニキビダニ」という寄生虫が皮膚の毛穴のなかに住んでいます。このダニは皮膚病の犬だけではなく、健康な犬の毛穴のなかにもいるのです。ニキビダニが突然異常繁殖することで、犬は毛包虫症にかかります。普段はニキビダニが犬の体にいても特にこれといってなんの症状もないのに、毛包虫症を発...

≫続きを読む

脂漏症の症状と原因

「脂漏症」というのは、皮脂の分泌異常によって起こる犬の皮膚病の一つです。ペットに次のような症状がもしも出たら、まずは皮膚病を疑ってください。「症状」としては、・皮膚にべたつきがある。・披毛にべたつきがある。・皮膚にフケがでて乾燥している。といったものがあります。また脂漏症には、「湿性」、「乾性」があ...

≫続きを読む

膿皮症の症状と原因

「膿皮症」は、犬がかかる皮膚病の中でも多とされる病気です。細菌によって起こる感染性の一種で、犬の皮膚病です。この病気は夏場に起こりやすく、特に老化によって皮膚の抵抗力がなくなり、そして免疫力がおちた老犬がなりやすい病気とされています。飼っているペットが高齢という飼い主の人は特に注意をしてくださいね。...

≫続きを読む

天疱瘡の症状と原因

人間にもかかることがある皮膚病の「天疱瘡」。犬でもかかる皮膚病として1970年代に認知された病気です。これは、皮膚と粘膜の境となる部位にできやすい病気です。本来であれば、体の中に入ってきた外部からの異物を攻撃するための免疫力が、間違えて自分の体を攻撃してしまう状態が起こる病気です。この病気には、「落...

≫続きを読む

疥癬の症状と原因

「疥癬」という名前の犬の皮膚病があります。「センコウヒゼンダニ」というダニの一種が、犬の皮膚に寄生して、そのダニはトンネルを皮膚の中に掘って動き回ったり、卵を生みつけたりします。その卵がさらに孵化して成長してどんどん増え続けていくので、犬には強烈な痒みが起こってきます。ダニの分泌物に反応することで犬...

≫続きを読む

ホルモン性皮膚炎の症状と原因

犬の臓器や器官を調整しているホルモンが異常分泌されることで起こる皮膚病が「ホルモン性皮膚炎」という病気です。犬の抜け毛がとても増えてきて健康を害されていきます。ペットの抜け毛が急激に増えるようなことがあれば要チェックです。脱毛時期ではないのに、飼い犬の脱毛がひどい場合、犬の地肌が見えてしまうほどにひ...

≫続きを読む

舐性皮膚炎の症状と原因

飼い犬の一般的な皮膚病として「舐性皮膚炎」というものがあります。この皮膚病は、「舐性肉芽腫」とか「肢端皮膚炎」と言われることもあります。非常に原因が複雑なため、こうしたいろんな呼び方があるようです。多くの場合、犬の前肢にいろいろな症状が見られます。雄の成犬や特に中型犬、大型犬に多く見られる皮膚病にな...

≫続きを読む

ツメダニ皮膚炎の症状と原因

「ツメダニ」という種類のダニが犬の皮膚に寄生することで起こる皮膚病を「ツメダニ皮膚炎」と言います。これは「ケイレテイラ皮膚炎」と呼ばれることもあります。ある日非常に痒がるなどの次のような症状が飼っているペットに出たら、ダニによるものかもしれませんので注意して見てあげて下さいね。「症状」としては、・と...

≫続きを読む

皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける

飼っているペットが普段とは違う行動をするなど、何らかの変化があれば、飼い主の方ならすぐに気がつくことができるでしょう。犬が身体を「痒がる」ときには、まずその動作に注意してください。犬が皮膚病にかかることは非常に多いです。皮膚は犬の体の全体を占めるものですから、動物医療においても犬の皮膚病には注目して...

≫続きを読む

ペットを乾燥から守ってあげる

皮膚病によってペットが身体を非常に痒がるときは、肌を乾燥から守ることである程度は、楽にしてあげることができます。痒みを抑えるためには、環境的要因もかなり大きな影響を与えています。犬の体温が上がることで、痒みが増してくるので、犬が生活している環境をまずは涼しくしてあげることがおススメです。ペットを室内...

≫続きを読む

皮膚病予防に大切なこと

皮膚病の予防や皮膚病の治療にとって最も大切なことは、まずは皮膚病の原因究明を行うことです。犬の皮膚病としては、寄生性のものと細菌性のもの、さらにカビによるものや、アレルギー、内分泌異常や腫瘍などがあげられます。どの皮膚病も犬に現れてくる症状は非常によく似ているのです。しかし皮膚病の原因によって、治療...

≫続きを読む

ホリスティック療法

「ホリスティック療法」というものは、体だけではなくて、心や生活、そして命などすべてまるごと見て全体的に治療していこうというものなのです。最近、代替医療として人だけでなく、ペットにも取り入れられるようになってきました。薬や手術をすることで病気を治療するのではなくて、その他にも病気の治療方法を模索してい...

≫続きを読む

皮膚病におススメの薬

ペットの皮膚病の治療のために使えるおすすめの薬をいくつか紹介したいと思います。ペットがかかってしまった皮膚病を治す薬を探すときの参考にしてみてくださいね。「クラベット250」・・犬、猫などの細菌感染症に効果的な薬です。抗生物質2種類を含んでいて、皮膚感染症や尿路感染症に効果があります。ペニシリン、セ...

≫続きを読む

夏の皮膚病を予防するには・・

四季の中でも「夏」は特に犬の皮膚病が増える季節となります。夏場に体を痒がる犬は非常に多いと思います。ペットが暑さによる体力低下の状態にあるとか、または暑さのために運動が思うようにできない状態にあることがストレスの原因となり、免疫力が下がってしまい、皮膚病になりやすくなります。つまりは、夏の暑さに対し...

≫続きを読む

ペットのシャンプーでの注意点

飼っているペットの皮膚を守るためにも、毎日シャンプーをしてきれいにしてあげることは大切な飼い主の役割なのです。しかしこのシャンプーによって犬の皮膚病が誘発されることをご存知でしょうか。シャンプーには、たいていの場合、合成界面活性剤と呼ばれる化学物質が入っているのです。界面活性剤は、普通であれば混ざら...

≫続きを読む

ペットの食事の重要性

ペットの「食事」と皮膚病はかなり深い関係があります。この食事のせいで何かのアレルギー反応としてペットの皮膚病になっていることがあるのです。飼い主による手作りでペットのための料理を作っている人も最近とても増えています。有害物質を極力与えずににペットに健康的な食事をしてほしいという思いからです。また、い...

≫続きを読む