アレルギー性皮膚炎の症状と原因

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

アレルギー性皮膚炎の症状と原因

ペットの数ある皮膚病の中でも特にに多いと言われているのが「アレルギー性皮膚炎」ですが、これについて少しだけご説明しますね。飼っているペットに次に示すような症状が見られるようであれば、皮膚病だと考えられるので、いち早く動物病院へ行くことをおススメします。・犬の目や耳の周りやワキの下、さらに腹部の皮膚などに赤みが見られる。・犬が何もないのに、突然激しく痒がる。・犬があまりにも皮膚をかきすぎて脱毛する。・犬が皮膚をかきすぎて皮膚がただれ、かさぶたができる。特定のアレルギー源によって皮膚に炎症などをを起こす病気が「アレルギー性皮膚炎」です。アレルギー源としてあげられるのが、食品、花粉、ホコリ、ダニ、カビ、金属、芝などになります。これらは有害物質でないのですが、犬の体内に入ると、体が防御反応を皮膚の炎症などによって起こすのです。さらに外耳炎もペットが引き起こす確率が高い病気ですので注意が必要です。ペットのためにできる予防策としては・・・アレルギー源の物質をできるだけ早く特定すること。・原因物質が見つけられたら、それからペットから極力遠ざけるようにすること。・特に周囲にアレルギーの原因が見当たらないときには、食品の可能性も高いので、 試しにペットフードを変えてみること。食品アレルギーは特に若い犬に起こりやすい病気で、ペットフードなどの食べ物に入っているたんぱく質に反応しているのです。食品アレルギーが疑わしい場合には、たんぱく質がない食べ物にして1ヶ月から2ヶ月くらいペットの様子を見るようにして下さい。アレルギーの症状がこれで治るようであれば、原因は食品だったことが判明しますね。アトピー性皮膚炎の場合には、3歳以下の犬で多く発祥します。これは非常に強い痒みがあり、ペットの目や口の周り、お腹、指の間などの部位に炎症などの症状が出ます。そして細菌に二次感染することで、さらに痒みが激しくなることもあるので注意が必要です。アトピー性皮膚炎が慢性化してしまうと、色素沈着や苔癬化などを起こしてしまいます。

 


関連ページ

犬の皮膚病治療
ペット,犬,皮膚病,種類,アレルギーについて書かれているページです。
アトピー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アトピー性皮膚炎,治療について書かれているページです。
ノミアレルギーの原因と症状
ペット,犬,皮膚病,ノミアレルギー,治療について書かれているページです。
毛包虫症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,毛包虫症,ダニについて書かれているページです。
脂漏症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,脂漏症,治療について書かれているページです。
膿皮症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,膿皮症,治療について書かれているページです。
天疱瘡の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,天疱瘡,紫外線について書かれているページです。
疥癬の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,疥癬,ダニについて書かれているページです。
ホルモン性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ホルモン性皮膚炎,脱毛について書かれているページです。
舐性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,舐性皮膚炎,なめるについて書かれているページです。
ツメダニ皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ツメダニ皮膚炎,ダニについて書かれているページです。
皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける
ペット,犬,皮膚病,痒がる,悪化について書かれているページです。
ペットを乾燥から守ってあげる
ペット,犬,皮膚病,乾燥,環境について書かれているページです。
皮膚病予防に大切なこと
ペット,犬,皮膚病,予防,原因について書かれているページです。
ホリスティック療法
ペット,犬,皮膚病,ホリスティック療法,代替医療について書かれているページです。
皮膚病におススメの薬
ペット,犬,皮膚病,薬,おすすめについて書かれているページです。
夏の皮膚病を予防するには・・
ペット,犬,皮膚病,夏,予防について書かれているページです。
ペットのシャンプーでの注意点
ペット,犬,皮膚病,シャンプー,合成界面活性剤について書かれているページです。
ペットの食事の重要性
ペット,犬,皮膚病,食事,アレルギーについて書かれているページです。