毛包虫症の症状と原因

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

毛包虫症の症状と原因

犬の体にはダニの一種である「ニキビダニ」という寄生虫が皮膚の毛穴のなかに住んでいます。このダニは皮膚病の犬だけではなく、健康な犬の毛穴のなかにもいるのです。ニキビダニが突然異常繁殖することで、犬は毛包虫症にかかります。普段はニキビダニが犬の体にいても特にこれといってなんの症状もないのに、毛包虫症を発症した途端にいろんな症状が現れてきます。まず症状としては・・・・頭、前足に症状がよく現れます。・脱毛・・・局部、全身が脱毛。・皮膚に赤みや発疹。・皮膚表面にフケのようなものが出てくる。・皮膚が厚ぼったくなってくる。・皮膚が黒ずんでくる。・痒みはあまりない。原因は・・・発症する原因は、今だに分かっていません。これは、ニキビダニが体にいるから皮膚病になったわけではなくて、ストレスを感じたことで犬の免疫力が落ちたとや、高齢犬になったためにバリア機能不全となり、皮膚病になったということなどが考えられるのです。毛包虫症は、他の犬や、別のペットなどにうつる皮膚病ではないのでご安心ください。治療法としては・・・即効性のある方法は現在ないので、数ヶ月かけてニキビダニを確実に倒していくことになります。治療には、ペットと飼い主、そして医師との連携がとても大切です。治療の際には、まず犬の皮膚の穴の深い部分にいるダニをやっつけるために、皮膚の角質をシャンプーでしっかりと溶かしていきます。そして、犬の毛を刈って、角質を溶かした後に、皮膚病の症状のある部分に薄めたアミトラズを塗布していきます。さらに1日1回内服薬を飲ませて、1週間に1度の注射をしていきます。この毛包虫症はなにもしないで放置すると、犬の皮膚がただれたり、膿皮症などが悪化していくこともあります。あるいは毛包虫症自体が何か他の病気が原因となって起こったということも考えられます。ですので、飼い主は、決して放置しないで適切な治療を行って下さいね。

 


関連ページ

犬の皮膚病治療
ペット,犬,皮膚病,種類,アレルギーについて書かれているページです。
アレルギー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アレルギー性皮膚炎,原因について書かれているページです。
アトピー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アトピー性皮膚炎,治療について書かれているページです。
ノミアレルギーの原因と症状
ペット,犬,皮膚病,ノミアレルギー,治療について書かれているページです。
脂漏症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,脂漏症,治療について書かれているページです。
膿皮症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,膿皮症,治療について書かれているページです。
天疱瘡の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,天疱瘡,紫外線について書かれているページです。
疥癬の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,疥癬,ダニについて書かれているページです。
ホルモン性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ホルモン性皮膚炎,脱毛について書かれているページです。
舐性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,舐性皮膚炎,なめるについて書かれているページです。
ツメダニ皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ツメダニ皮膚炎,ダニについて書かれているページです。
皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける
ペット,犬,皮膚病,痒がる,悪化について書かれているページです。
ペットを乾燥から守ってあげる
ペット,犬,皮膚病,乾燥,環境について書かれているページです。
皮膚病予防に大切なこと
ペット,犬,皮膚病,予防,原因について書かれているページです。
ホリスティック療法
ペット,犬,皮膚病,ホリスティック療法,代替医療について書かれているページです。
皮膚病におススメの薬
ペット,犬,皮膚病,薬,おすすめについて書かれているページです。
夏の皮膚病を予防するには・・
ペット,犬,皮膚病,夏,予防について書かれているページです。
ペットのシャンプーでの注意点
ペット,犬,皮膚病,シャンプー,合成界面活性剤について書かれているページです。
ペットの食事の重要性
ペット,犬,皮膚病,食事,アレルギーについて書かれているページです。