膿皮症の症状と原因

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

膿皮症の症状と原因

「膿皮症」は、犬がかかる皮膚病の中でも多とされる病気です。細菌によって起こる感染性の一種で、犬の皮膚病です。この病気は夏場に起こりやすく、特に老化によって皮膚の抵抗力がなくなり、そして免疫力がおちた老犬がなりやすい病気とされています。飼っているペットが高齢という飼い主の人は特に注意をしてくださいね。感染の抵抗性が弱い犬の場合でも注意が必要です。軽症の場合ならば自然治癒もできうのですが、この時に不適切な治療をしてしまうといつまでも治らずに慢性化してしまうこともあります。この皮膚病が起こる原因は、特にペットの生活環境が影響を与えています。飼い主によるケアが病気予防には大切なポイントとなってきます。膿皮症は、不衛生な環境のもとに犬がいるなどして皮膚が汚れたときや、噛み傷や擦り傷などの傷口から細菌が入ることで感染します。他にも体質に合わないシャンプーを使うことや、過度な洗顔によっても皮膚を傷つけることになるので細菌に感染しやすい状況を作ってしまいます。「症状」としては、・皮膚の局所的に皮膚に赤みがある。・発疹ができて痒くなってくる。・古い病変が黒く色素沈着する。・脱毛してくる。・ひどくなると発熱、痛み、膿瘍、膨張も起こる。「治療」としては、・患部周辺の毛をカットしたり、薬用シャンプーであらう。・患部をきれいにあらってあげる。・抗生物質の入ったクリームなどを塗ってあげる。・ひどいと飲み薬が必要なときもある。・他の犬に移さないようにしっかりと隔離する。犬の皮膚を清潔な状態に保つようにキレイにシャンプーをすることや、また必要に応じて犬の毛刈りといった方法でケアしてあげて下さい。しかしやりすぎはだめですので注意して下さいね。感染した箇所が深いほどに、治療も長引きます。最低でっも3週間、一般的には数ヶ月単位で治療を続けていくことになります。治りにくい病気ですので根気よくケアしてあげましょう。。

 


関連ページ

犬の皮膚病治療
ペット,犬,皮膚病,種類,アレルギーについて書かれているページです。
アレルギー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アレルギー性皮膚炎,原因について書かれているページです。
アトピー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アトピー性皮膚炎,治療について書かれているページです。
ノミアレルギーの原因と症状
ペット,犬,皮膚病,ノミアレルギー,治療について書かれているページです。
毛包虫症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,毛包虫症,ダニについて書かれているページです。
脂漏症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,脂漏症,治療について書かれているページです。
天疱瘡の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,天疱瘡,紫外線について書かれているページです。
疥癬の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,疥癬,ダニについて書かれているページです。
ホルモン性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ホルモン性皮膚炎,脱毛について書かれているページです。
舐性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,舐性皮膚炎,なめるについて書かれているページです。
ツメダニ皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ツメダニ皮膚炎,ダニについて書かれているページです。
皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける
ペット,犬,皮膚病,痒がる,悪化について書かれているページです。
ペットを乾燥から守ってあげる
ペット,犬,皮膚病,乾燥,環境について書かれているページです。
皮膚病予防に大切なこと
ペット,犬,皮膚病,予防,原因について書かれているページです。
ホリスティック療法
ペット,犬,皮膚病,ホリスティック療法,代替医療について書かれているページです。
皮膚病におススメの薬
ペット,犬,皮膚病,薬,おすすめについて書かれているページです。
夏の皮膚病を予防するには・・
ペット,犬,皮膚病,夏,予防について書かれているページです。
ペットのシャンプーでの注意点
ペット,犬,皮膚病,シャンプー,合成界面活性剤について書かれているページです。
ペットの食事の重要性
ペット,犬,皮膚病,食事,アレルギーについて書かれているページです。