ホルモン性皮膚炎の症状と原因

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

ホルモン性皮膚炎の症状と原因

犬の臓器や器官を調整しているホルモンが異常分泌されることで起こる皮膚病が「ホルモン性皮膚炎」という病気です。犬の抜け毛がとても増えてきて健康を害されていきます。ペットの抜け毛が急激に増えるようなことがあれば要チェックです。脱毛時期ではないのに、飼い犬の脱毛がひどい場合、犬の地肌が見えてしまうほどにひどいときにはこの皮膚病をまずは疑ってください。ホルモンの異常は、4歳から5歳の犬に起こりやすいようです。この病気は、関係するホルモンの種類によっても症状が違います。副腎皮質ホルモンの異常・・・犬の胴体に激しく脱毛が見られて、犬が多飲多食となって、尿量も増えていきます。性ホルモンの異常・・・生殖器、肛門周辺に激しく脱毛が見られて、発情の周期が乱れて、繁殖力が低くなります。甲状腺ホルモンの異常・・・犬の胴体に左右対象の脱毛が見られて、動きが緩慢になったり、体温調整ができなくなる、体がむくみ、色素沈着するなどがあります。犬で一番多く見られるのは甲状腺ホルモンの異常です。「原因」としては、・腫瘍の関係。・先天性のものである。・精神的なストレス。先天性のものは、飼っているペットのことを飼い主がきちんと理解してケアしてあげる必要があります。またストレスについても、なぜ自分のペットがストレスを持っているのか、その要因をしっかりと探り取り去ってあげることで病気も解決していきます。「治療」としては、・病院の血液検査でまずホルモン量を測定します。・腫瘍などの別の病気が関係して皮膚病を発症している場合は、その別の病気の治療をまずは率先して行います。腫瘍が原因なら切除する可能性もあります。・ホルモン剤を使って、ホルモンを補ったり、またはホルモン過剰のときには、抑制剤を使ってホルモンの調整を行います。数ヶ月以上、治療にかかる可能性もあります。

 


関連ページ

犬の皮膚病治療
ペット,犬,皮膚病,種類,アレルギーについて書かれているページです。
アレルギー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アレルギー性皮膚炎,原因について書かれているページです。
アトピー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アトピー性皮膚炎,治療について書かれているページです。
ノミアレルギーの原因と症状
ペット,犬,皮膚病,ノミアレルギー,治療について書かれているページです。
毛包虫症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,毛包虫症,ダニについて書かれているページです。
脂漏症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,脂漏症,治療について書かれているページです。
膿皮症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,膿皮症,治療について書かれているページです。
天疱瘡の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,天疱瘡,紫外線について書かれているページです。
疥癬の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,疥癬,ダニについて書かれているページです。
舐性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,舐性皮膚炎,なめるについて書かれているページです。
ツメダニ皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ツメダニ皮膚炎,ダニについて書かれているページです。
皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける
ペット,犬,皮膚病,痒がる,悪化について書かれているページです。
ペットを乾燥から守ってあげる
ペット,犬,皮膚病,乾燥,環境について書かれているページです。
皮膚病予防に大切なこと
ペット,犬,皮膚病,予防,原因について書かれているページです。
ホリスティック療法
ペット,犬,皮膚病,ホリスティック療法,代替医療について書かれているページです。
皮膚病におススメの薬
ペット,犬,皮膚病,薬,おすすめについて書かれているページです。
夏の皮膚病を予防するには・・
ペット,犬,皮膚病,夏,予防について書かれているページです。
ペットのシャンプーでの注意点
ペット,犬,皮膚病,シャンプー,合成界面活性剤について書かれているページです。
ペットの食事の重要性
ペット,犬,皮膚病,食事,アレルギーについて書かれているページです。