皮膚病におススメの薬

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

皮膚病におススメの薬

ペットの皮膚病の治療のために使えるおすすめの薬をいくつか紹介したいと思います。ペットがかかってしまった皮膚病を治す薬を探すときの参考にしてみてくださいね。「クラベット250」・・犬、猫などの細菌感染症に効果的な薬です。抗生物質2種類を含んでいて、皮膚感染症や尿路感染症に効果があります。ペニシリン、セファロスポリンに過敏な犬や猫には使用しないで下さい。体の中に入り込んだ細菌を攻撃してやっつける効果があります。しかしダニ、ウイルスが犬に寄生した場合には効果がない薬です。「アトピカ」・・犬のアトピーに効果的な薬です。ひどい乾癬や自己免疫疾患、これらを治療するのに特に効果のある薬です。経口投与する薬で、食事の2時間前、2時間後の食事なしの状態でどちらかに与える薬です。ペットの症状が軽減してくるまでは、一般的に4週間くらいまでは、薬を一日一度服用させます。症状軽減の兆候が見えてきたら、3日や4日に一度の服用にさせるように変えていきます。病院でもらえる薬と一緒のものがインターネット上で買えるので、とても便利です。しかも病院で買うよりも安く買うことができるのです。しかし初めてこの薬を使う前には、医師の診断を仰いだ後に、病名をきちんと確定してもらってから使った方がいいでしょう。「アトペックス」・・犬のアトピーに効果的な薬です。ひどい乾癬や自己免疫疾患、これらを治療するのに特に効果のある薬です。「アトピカ」のジェネリック薬なので、さらにお安く薬を買いたい方におススメです。「クリンベット」・・経口液剤の抗生物質です。肺炎球菌、連鎖球菌といった細菌が原因で発症する犬の感染症に効果的な薬で、細菌が活性化しないようにたんぱく質の増加を抑えてくれる効果があります。既存の細菌を完全に死滅できるので、増殖を防止できます。

 


関連ページ

犬の皮膚病治療
ペット,犬,皮膚病,種類,アレルギーについて書かれているページです。
アレルギー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アレルギー性皮膚炎,原因について書かれているページです。
アトピー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アトピー性皮膚炎,治療について書かれているページです。
ノミアレルギーの原因と症状
ペット,犬,皮膚病,ノミアレルギー,治療について書かれているページです。
毛包虫症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,毛包虫症,ダニについて書かれているページです。
脂漏症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,脂漏症,治療について書かれているページです。
膿皮症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,膿皮症,治療について書かれているページです。
天疱瘡の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,天疱瘡,紫外線について書かれているページです。
疥癬の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,疥癬,ダニについて書かれているページです。
ホルモン性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ホルモン性皮膚炎,脱毛について書かれているページです。
舐性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,舐性皮膚炎,なめるについて書かれているページです。
ツメダニ皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ツメダニ皮膚炎,ダニについて書かれているページです。
皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける
ペット,犬,皮膚病,痒がる,悪化について書かれているページです。
ペットを乾燥から守ってあげる
ペット,犬,皮膚病,乾燥,環境について書かれているページです。
皮膚病予防に大切なこと
ペット,犬,皮膚病,予防,原因について書かれているページです。
ホリスティック療法
ペット,犬,皮膚病,ホリスティック療法,代替医療について書かれているページです。
夏の皮膚病を予防するには・・
ペット,犬,皮膚病,夏,予防について書かれているページです。
ペットのシャンプーでの注意点
ペット,犬,皮膚病,シャンプー,合成界面活性剤について書かれているページです。
ペットの食事の重要性
ペット,犬,皮膚病,食事,アレルギーについて書かれているページです。