夏の皮膚病を予防するには・・

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

夏の皮膚病を予防するには・・

四季の中でも「夏」は特に犬の皮膚病が増える季節となります。夏場に体を痒がる犬は非常に多いと思います。ペットが暑さによる体力低下の状態にあるとか、または暑さのために運動が思うようにできない状態にあることがストレスの原因となり、免疫力が下がってしまい、皮膚病になりやすくなります。つまりは、夏の暑さに対しても、ペットが負けないように、飼い主が日頃から配慮することで、皮膚病が予防できるのです。夏に犬が特にかかりやすい皮膚病としては、「膿皮症」や「ノミアレルギー」が挙げられます。犬の体の中で悪玉菌が異常に繁殖してしまい、皮膚が化膿するのが「膿皮症」です。ノミは高温で多湿な環境を好むもので、15℃以上の気温で、60%以上の湿度で急激に繁殖する特徴があります。そのため梅雨以降の湿度が非常に高くなる季節に一気に増えるのです。ダニも同様に夏に向けて一気に増えるために、ペットのアレルギーの原因となります。夏にむけて飼い主が気をつけたいことは、ペットの皮膚病の原因となるカビやダニ、ノミなどを増やさないことです。部屋の中が極力湿気を帯びないように注意して、晴れた日にはしっかりと換気をすることが大切です。雨で部屋の窓が思うように開けられないときには、扇風機を使って部屋の中の空気を循環させるだけでもかなりの除湿効果が期待できます。部屋の中や、犬の布団、そして犬のおもちゃなどの掃除をこまめに行うこともとても大切なことです。犬の死に毛をそのまま放置しておくと、犬の体の通気性が悪くなり、皮膚が蒸れた状態になるので、ブラッシングにも大きな意味がありますのでこまめに行いましょう。ブラッシングを行うことで、ペットの死に毛を取って、通気を良くすることができます。またシャンプーをして、その後はしっかりと乾かすことも大切です。ドライヤーの熱風をあてすぎないようにして、熱風と冷風を交互に使ってあげましょう。顔にたくさんシワのある犬の場合には、シワを広げて皮脂や、ほこり、汗を拭いてあげることも忘れずに。

 


関連ページ

犬の皮膚病治療
ペット,犬,皮膚病,種類,アレルギーについて書かれているページです。
アレルギー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アレルギー性皮膚炎,原因について書かれているページです。
アトピー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アトピー性皮膚炎,治療について書かれているページです。
ノミアレルギーの原因と症状
ペット,犬,皮膚病,ノミアレルギー,治療について書かれているページです。
毛包虫症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,毛包虫症,ダニについて書かれているページです。
脂漏症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,脂漏症,治療について書かれているページです。
膿皮症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,膿皮症,治療について書かれているページです。
天疱瘡の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,天疱瘡,紫外線について書かれているページです。
疥癬の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,疥癬,ダニについて書かれているページです。
ホルモン性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ホルモン性皮膚炎,脱毛について書かれているページです。
舐性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,舐性皮膚炎,なめるについて書かれているページです。
ツメダニ皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ツメダニ皮膚炎,ダニについて書かれているページです。
皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける
ペット,犬,皮膚病,痒がる,悪化について書かれているページです。
ペットを乾燥から守ってあげる
ペット,犬,皮膚病,乾燥,環境について書かれているページです。
皮膚病予防に大切なこと
ペット,犬,皮膚病,予防,原因について書かれているページです。
ホリスティック療法
ペット,犬,皮膚病,ホリスティック療法,代替医療について書かれているページです。
皮膚病におススメの薬
ペット,犬,皮膚病,薬,おすすめについて書かれているページです。
ペットのシャンプーでの注意点
ペット,犬,皮膚病,シャンプー,合成界面活性剤について書かれているページです。
ペットの食事の重要性
ペット,犬,皮膚病,食事,アレルギーについて書かれているページです。