ペットの食事の重要性

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

ペットの食事の重要性

ペットの「食事」と皮膚病はかなり深い関係があります。この食事のせいで何かのアレルギー反応としてペットの皮膚病になっていることがあるのです。飼い主による手作りでペットのための料理を作っている人も最近とても増えています。有害物質を極力与えずににペットに健康的な食事をしてほしいという思いからです。また、いろんな味のドッグフードも豊富に揃っている時代です。その数ある中から、ペットに合う健康的な食事を飼い主は与えていく必要があるのです。ペットがもしも痒がっていたら、ちょっと前に与えた食事の内容についても考えてみてください。犬にたんぱく質が足りない状態だったり、または逆に食べ過ぎてしまった状態だったりすると犬は皮膚病になりやすいのです。犬の抵抗力がない状態であると、その犬にとってアレルギー源となるものを食べさせてしまったときにも、すぐにアレルギーとして皮膚に異常が現れてきます。自分のペットはどんな食物に特に弱いのかを飼い主は事前にきちんと把握しておく必要があるのです。犬の食物のアレルギー源となりやすいのは、牛乳や卵、大豆、牛肉や豚肉や馬肉や鶏肉、小麦、とうもろこしなどが挙げられます。これらをもしも犬が食べて部分的に痒がったり、全身痒がったりするようなことがあれば、食物アレルギーです。このうようなアレルギー症状が出たらその食べ物を特定して、今後与えないようにするしかありません。またたんぱく質不足だとかカロリー不足の状態である犬は、皮膚病にかかる確率がとても高くなるとされています。ドッグフードなどの中には、たまに非常に質の悪い油を使ったものもあります。有害物質がたくさん入っているような安価なドッグフードも避けた方が良いでしょう。生肉や生魚、野菜や果物などから消化酵素を適度に犬に取り入れてあげることも大切なことです。酵素が不足してしまった犬の体は、せっかくの栄養をきちんと吸収できずに排出してしまうことになります。食事はペットの体の基本となります。飼い主さんは、自分のペットの食事内容について改めて見直してみることが大切です。

 


関連ページ

犬の皮膚病治療
ペット,犬,皮膚病,種類,アレルギーについて書かれているページです。
アレルギー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アレルギー性皮膚炎,原因について書かれているページです。
アトピー性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,アトピー性皮膚炎,治療について書かれているページです。
ノミアレルギーの原因と症状
ペット,犬,皮膚病,ノミアレルギー,治療について書かれているページです。
毛包虫症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,毛包虫症,ダニについて書かれているページです。
脂漏症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,脂漏症,治療について書かれているページです。
膿皮症の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,膿皮症,治療について書かれているページです。
天疱瘡の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,天疱瘡,紫外線について書かれているページです。
疥癬の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,疥癬,ダニについて書かれているページです。
ホルモン性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ホルモン性皮膚炎,脱毛について書かれているページです。
舐性皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,舐性皮膚炎,なめるについて書かれているページです。
ツメダニ皮膚炎の症状と原因
ペット,犬,皮膚病,ツメダニ皮膚炎,ダニについて書かれているページです。
皮膚病を早期発見するために犬の動作に気をつける
ペット,犬,皮膚病,痒がる,悪化について書かれているページです。
ペットを乾燥から守ってあげる
ペット,犬,皮膚病,乾燥,環境について書かれているページです。
皮膚病予防に大切なこと
ペット,犬,皮膚病,予防,原因について書かれているページです。
ホリスティック療法
ペット,犬,皮膚病,ホリスティック療法,代替医療について書かれているページです。
皮膚病におススメの薬
ペット,犬,皮膚病,薬,おすすめについて書かれているページです。
夏の皮膚病を予防するには・・
ペット,犬,皮膚病,夏,予防について書かれているページです。
ペットのシャンプーでの注意点
ペット,犬,皮膚病,シャンプー,合成界面活性剤について書かれているページです。