ペットがくすりを飲んでくれない(続き2)

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD

ペットがくすりを飲んでくれない(続き2)

ペットにカプセルになっているくすりや錠剤のくすりを飼い主がそのまま飲ませるには、
ちょっとしたコツが必要になります。

 

まずは、そのくすりをペットののどの奥に押し込む方法でやってみて下さい。

 

ペットの口を開けさせて、のどの一番奥まで、そのくすりを入れてあげるのです。

 

ちょっとペットには気の毒ではありますが、飼い主はここは躊躇しないで、
一気に一番奥までくすりを突っ込むことが大切です。

 

そして、口をすぐに閉じさせると、自然とくすりを飲み込んでくれるでしょう。

 

飲み込んだ合図として、ペットはベロをぺろっと出す仕草をするので、それが見られたらオッケーです。

 

しかしベロを出さない場合には、スポイトに水を入れたものを事前に用意しておいて、
ペットの喉の奥にスポイドの水をいれてあげてみてください。

 

すると、くすりをその水と一緒に、飲み込でくれます。

 

また、ペットの好きな食べ物にくすりを埋め込んで、一緒に食べさせる方法もあります。

 

最初からくすりを混入させておくとバレやすいので、最初のひとつには全くくすりが入っていない
いつもの食べものを与えておき、喜んで食べたら、次にはくすりを入れたものをあげるのです。

 

ペットの目がない好物に混ぜてくすりを一緒に食べさせると、すんなり成功することがとても多いようです。

 

粉薬の場合には、うわあごに擦り付けてから飲ませることは一般的ですよね。

 

この時は水で湿らせたほうが、くすりがよりペットのうわあごにくっつけやすくなりますので
ぜひお試し下さいね。

 

水薬の場合には、スポイトを使うのがよいでしょう。

 

ペットの口は閉じた状態で、よこのすきまから、少しずつ水薬を注入してあげるのです。

 

どうしてもだめな場合には、最終的にゼリーのオブラートで薬を包んで、口をあけさせて
一気に流し込む作戦で行きのもおススメです。

 

人間でも小さい子にお薬をあげるときには、ゼリーでくるみますが、それと同じ要領で行うのです。


関連ページ

ペット用のくすりは輸入出来る!
ペット,くすり,輸入,海外,安心について書かれているページです。
ペット用のくすりは輸入出来る!(続き)
ペット,くすり,通販,PETくすり,自宅について書かれているページです。
ペット用のジェネリック薬品
ペット,くすり,ジェネリック,費用,治療について書かれているページです。
ペット用のジェネリック薬品(続き1)
ペット,くすり,ジェネリック,費用,新薬について書かれているページです。
ペット用のジェネリック薬品(続き2)
ペット,くすり,ジェネリック,治療,新薬について書かれているページです。
避けられないペットの病気
ペット,くすり,病気,体調,家族について書かれているページです。
避けられないペットの病気(続き1)
ペット,くすり,病気,予防,病院について書かれているページです。
避けられないペットの病気(続き2)
ペット,くすり,病気,消費者,輸入について書かれているページです。
ペットの身近な問題であるノミ対策
ペット,くすり,ノミ,ダニ,対策について書かれているページです。
ペットの身近な問題であるノミ対策(続き1)
ペット,くすり,ノミ,対策,皮膚病について書かれているページです。
ペットに保険が適用されない理由
ペット,くすり,病院,家族,保険について書かれているページです。
ペットに保険が適用されない理由(続き1)
ペット,くすり,保険,高齢,費用について書かれているページです。
くすりの輸入は個人の責任で
ペット,くすり,治療,病気,飼い主について書かれているページです。
くすりの輸入は個人の責任で(続き1)
ペット,くすり,輸入,個人,費用について書かれているページです。
くすりの輸入は個人の責任で(続き2)
ペット,くすり,責任,個人,トラブルについて書かれているページです。
ペットがくすりを飲んでくれない
ペット,くすり,本能的,動物,いやがるについて書かれているページです。
ペットがくすりを飲んでくれない(続き1)
ペット,くすり,人間,得意,信頼について書かれているページです。
フィラリアをお薬で予防
ペット,くすり,フィラリア,健康,蚊について書かれているページです。
フィラリアをお薬で予防(続き)
ペット,くすり,フィラリア,犬,予防について書かれているページです。